転職して活躍したい人必見!長距離ドライバーの仕事内容のお悩みや不安にお答えます!

当サイトは転職して活躍したい人必見の、長距離ドライバーの仕事内容のお悩みや不安にお答えしています。
運転手の仕事に関心があるけれど、心配があるという人におすすめです。
長距離のドライバーとして活躍するために心得ておきたい事とは何かも解説しています。
異業種から転職をする人はぜひ参考にしてみてください。
また長距離のドライバーとして安全に働くために必要なことも紹介しています。
事故なく安心して働けるようにしたいものです。

転職して活躍したい人必見!長距離ドライバーの仕事内容のお悩みや不安にお答えます!

長距離ドライバーに転職したいけれど、初めてなので不安という人もいるでしょう。
長距離ドライバーの仕事内容でありがちな悩みには、自分が向いているのかというものが挙げられます。
一般的に長距離ドライバーの仕事は、運転が好きな人や得意な人向きです。
長時間運転出来ることが欠かせない仕事になります。
また長時間1人で過ごしても苦にならない人が向いています。
長時間トラックの運転中は、一人きりになるのが一般的だからです。

長距離ドライバーの待遇は充実している?実際の退職金や福利厚生を紹介!

一昔前までは、物質輸送の中心は鉄道でした。
そのようなことから、鉄道輸送網は全国に張り巡らされていました。
しかし現在では、その中心はトラックに置き換わることになりました。
これはトラックによる輸送がきめ細やかにできるというところから来ています。
送り主は自分が好きな時にトラックで品物を送る事ができるというところは大きなメリットです。
インターネット通販の普及により、このことは更に大変顕著になってきています。
このように流通量が爆発的に増えたことから、長距離ドライバーの人材不足ということが叫ばれるようになってきました。
そのため各運送会社では、長距離ドライバーの待遇を良くするということが行われています。
このことは、福利厚生や勤務時間などにも反映されてきました。
労働時間は、最長でも13時間と定められています。
退職金についても他の業種と比べかなり高額となっています。
ここまで述べてきたように、長距離ドライバーという職業は現在ではかなり優遇されたものとなってきました。

長距離ドライバーは収入が良いとは本当?平均的な長距離ドライバーの収入を公開!

長距離ドライバーの収入は公開されている範囲で、中型トラックで450万円から550万円、また大型トラックだと550万円から650万円になります。
長距離ドライバーの割と収入が安定している印象があるのですが、正直体力勝負なので、そこまでシフトを入れたがらない人も居ます。
そのため、個人差は結構あるにはあるかもしれませんが、やってもらえると助かるドライバー業務です。
バスやタクシードライバーよりも給与がよいのですが、長距離を運転することや場合によっては深夜の運送業務のシフトになることもあるため、結構ハードなドライビング業務になります。
しかし、沢山シフトを入れたくないというのであれば、上手にシフトを組んで仕事をすることも出来るのではないでしょうか。
経験とドライビングスキルはかなり必要であることや、大型免許を取得している必要があります。
また、良い年収のエリアであれば当然高倍率であることが少なく有りません。

長距離ドライバーになるために必要なスキルや資格とは?

長距離ドライバーになるのに必要な資格は、自動車免許です。
普通自動車しか運転しないのであれば普通自動車免許ですし、中型や大型ならばその免許が必要になります。
さらに乗客を乗せての運転ならば、2種免許となります。
学科と実技の両方のレベルがアップするので、努力がしなければなりません。
長距離ドライバーになるのに必要なスキルは、まず情緒を安定させることです。
長時間にわたって運転をすれば危ない運転をする車に遭遇します。
その度にイライラして、それを引きずってしまえば冷静な判断ができなくなります。
意識して怒らないように、適度な集中を維持できるようにしなければなりません。
長距離ドライバーの多くは、トラックやバスの運転手でしょう。
そういった人たちには、荷物の積み下ろしをするスキルも求められます。
積むものによって適切な持ち方があるので、それをマスターしなければスムーズな積み下ろしはできません。
他には車両の調子を見極める能力も必要です。
会社から遠く離れたところに行った時には、知り合いの整備士に見てもらうことはできません。
整備まではできずとも、不調の原因が推測できるレベルにはなっておいたほうがいいでしょう。

長距離ドライバーの実際の女性の活躍の実態とは?

女性の長距離ドライバーは男性の数と比べるとそれほど多くはありません。
しかし年々数が増えているのが現状で、これはトラック業界が積極的に女性ドライバーを促進しているのと、国があらゆる職種の男女の垣根をなくすことを推進しているからです。
現在は長距離ドライバー全体の2.7%ほどですが、これからはこの数も増えていくと考えられています。
また最近ではトラック業界は女の人でも働きやすい環境の改善に着手していて、例えば運転中でも気軽にトイレに行ける仕様や、現地に到着した時に荷台から荷物をおろす運搬作業の省力化などを実施しています。
こういった取り組みはトラック業界がいち早く実行していて、女の人が働いて活躍している事務作業よりも、厚く優遇されるトラック業界の方が働きやすいとも言えます。
長距離を運転する作業で受け取ることができる給与も事務作業よりも高く、高収入を得たいと考える人にも長距離ドライバーの仕事は向いています。

長距離ドライバーに関する情報サイト
長距離ドライバーの仕事内容

当サイトは転職して活躍したい人必見の、長距離ドライバーの仕事内容のお悩みや不安にお答えしています。運転手の仕事に関心があるけれど、心配があるという人におすすめです。長距離のドライバーとして活躍するために心得ておきたい事とは何かも解説しています。異業種から転職をする人はぜひ参考にしてみてください。また長距離のドライバーとして安全に働くために必要なことも紹介しています。事故なく安心して働けるようにしたいものです。

Search